본문 바로가기


Information 情報の庭

利川の紹介

京畿道東南部の中心に位置する利川は、
南漢江の支流である福河川と淸美川が 流れ、平野と丘陵地が発達しており、
昔から災害と災難のない平和な地として 知られている。

南北に中部高速道路, 東西に嶺東高速道路が交差しており、
ソウルから忠州を 結ぶ国道3号線と、
水原から驪州を結ぶ国道42号線が交差している。
城南-驪州間の複線電鉄が走る四通八達の交通要衝地として、
産業立地条件を備えている。

また、良質を誇る利川米、乳白色で大きく糖度の高い桃、土と火そして陶工の芸術魂が釣り合い、永遠なる固有の伝統陶磁器を再現し、
世界の陶芸の中心軸を成す陶窯地として知られている。利川の鎭山である雪峰山とトトゥラム山を屛風にし、湧き出るアルカリ性の天然温泉,
先端産業·田園·観光·レジャ-都市として、
調和を成した住みやすい地域である。